似合うと言われる色はほんとに似合ってる?

先日、洲本市のウェルネスパーク五色にある夢工房さんでの「パーソナルカラー講座~おしゃれ編」。到着すると受講されるお2人が楽しそうに話されていました。でもお聞きすると初対面。似合う色を知りたい、という共通点が会話のきっかけになったのかと思います。カラーの講座を受講してくださる方、サロンに来てくださる方の年齢は、0歳から80代までととても幅広いです。色は誰にとっても身近なものですね。

夢工房さんでの講座では、最初に好きな色のカラーカードを選んでいただいて、自己紹介の時に選ばれた色について少し話していただきます。Nさん、Kさんともに、明るい澄んだ色、明清色を選ばれました。細かく言うとNさんはブライトトーン、Kさんはペールトーン。パーソナルカラーのシーズンで言うと、Nさんはスプリングタイプのような色、Kさんはサマータイプのような色がお好きとおっしゃっていました。

簡易診断の結果は、Nさんがサマータイプ、Kさんがスプリングタイプ。「反対でしたね!」と笑っていましたが、明るくて濁り感が少ない(少なめ)色がお似合いというのはお2人ともに言える事です。

「淡い色が似合うと言われるので、そういう色が似合うと思って薄い色ばかり着ています」とおっしゃっていたKさんは、「これからはスプリングとして生きていきます!」と、本当に似合う色の特性が確認出来たことが嬉しそうでした。「サマーだと思って似合うと思って買ったけど、なんだか似合わないと思いました」と見せてくれたセーターはダスティピンクで、Kさんには濁り感が強すぎたようです。お似合いにスプリングの色味を着ることにより、これまでより生き生きと、キラキラされることと思います♡

夢工房さんでの講座では、パーソナルカラーの説明、簡易診断の他にコーディネートのワークや似合うメイクとヘアカラーのお話もします。実際のパーソナルカラーメイクは、「パーソナルカラー講座~メイク実践編」で。次回開催は、1月18日、2月22日、10時~、です(^^)

Follow me☻

プロフィール

奥野 香代
奥野 香代淡路島の頼れるカラーのプロフェッショナル
淡路島生まれ。1児の母。
20代30代のほどんどをアメリカで過ごし2009年に帰国。グラフィックデザイン、メイク、と色に携わった仕事の経験を生かすべく、帰国後各種カラー関係の資格を取得し、2013年に起業。サロンでの診断の他、講座・セミナー講師、カラーコンサルタントとして淡路島を中心に活動中。→もっと詳しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です